Leica M4(ライカM4) ブラッククロームについて

「これが最後、これが最後」というセリフが歴史上、最後になったためしがないわけですが、おそらく状況的には自分にとってこれが最後のM型ライカになるだろうなという予感はしています。

「Leica M4 (ライカM4)ブラッククローム」を入手しました。

Leica M4 Blackchrome + Elmar 35mm f3.5

またまたぁ〜・・といつもなら言えるところではありますが、フィルムを取り巻く環境が日増しに悪くなっていく現状を見ると、これ以上、先が見えないツールを使い続けることにためらいを覚えます。そろそろ本気で撤退を考える時期に来ているのかもしれない。

多くのフィルムユーザーも、おそらくそろそろ潮時って人と、意地で使い続けるという人と分かれるのではないかと思います。おそらく自分はなんとなく使い続けて、撤退の時期を逃すに一票。

フィルムの終焉

自分が本気で危機感を持ったのは、供給不足が現像薬品などに及んだタイミングでした。フィルムの値段が上がるのはいろいろな理由からわかるし、とはいってもまだまだ使う人は使うでしょう。それにモノクロの長巻きとかであればまだフィルム1本の単価も1000円以下で使える。

しかし、ここにきてフィルム自体の値上がりだけでなく、現像液の値上げや、そもそも現像関連の薬品が販売店から在庫切れしてしまう状況において、あぁもうこれは終わりかなと・・・。個人的にカラーの自家現像にも注力していたので、ヨドバシからエクタカラーの漂白定着液が販売終了になっているのを見たときには、もう終わりだなと思いました。

果たしてこのさき、この趣味はいつまで続くのだろうか。逆にいつまでフィルムが高騰し、それを買い続けなければならないのだろうか。比較的、専門店が存在する都心ですら、手に入りづらいものが増えていき、そんな状況の中で、なんとかフィルムや薬品を手に入れて続ける・・・自分はどこまで行けるかなと。今年、引き伸ばし機まで導入して、暗室用品もかなり揃えたんですけどね・・・。(暗室については後日どこかで)

フィルムライカの最後

そう考えると、現行機種であるMPは自分が持つには高スペック、高額すぎる・・。現在新品価格が70万、中古価格も50万を下回ることが稀になってしまったこの機体で、フィルムの終焉を迎えるのはちょっと厳しいのかなと思いました。これが10〜20万くらいで入手できる、ちょっとボロい、だけどまだまだ機能は調子いい、という感じのM3とか、M4とか、はたまたM6あたりであれば諦めもつくけど、という感じ。

そう考えたとき、自分はフィルムの最後をどの機体で迎えるのかと考えて、やっぱり一番シンプルかつ美しく、ストレスの少ないライカM4しかないだろうなと。4度のM4回帰を考え始めました。

しかし、ここで1つ問題が、MP導入時に家族にも大々的に黒にしたぞ!値段はそんなでもないぞ!(嘘)と喧伝して、使用時におけるストレス軽減や相手の疑念を起こさせないといった対処法をとったため、ブラックボディがシルバーボディになってしまうとすぐにバレて「また新しいの買って・・」という痛くもない腹を探られることになる(ほんとはめちゃくちゃ痛いけどw)。

自分はその価格差を知っているのでなんてことはなくとも、値段を知らない人からすると、また新しいのを買って・・またいくら使ったんだ・・ということになる。そこでブラックペイントとはいわずとも(ペイントものはもうすでに博物館級の代物、値段になっているわけで)少なくともブラッククロームを選択せざるを得ない。だけどここでM4-2とかM4-Pとか行かないところが、自分のこれまでの経験がもたらした意地とでもいいましょうか・・・シルバーのM4を3台も乗り換えてきて、全て118万台を選択していたこだわりもあるわけです。

そこで物色している最中に見つけたのが今回のM4ブラッククローム。こちらも最近値上がりが著しく、シンプルなM4でありつつブラック、という点で人気の仕様です。店舗によっては40〜50万程度もしますが、自分のものは使用感が強く、スレや傷も多めの並品であったためそこまで高くない。それにファインダー、シャッター関連には事前に業者のメンテが入っているとのことで、かなりお買い得な状態となっていました。普段なら、そこですぐポチってしまうのですが、流石に今回は迷いに迷って実機を見に行くことにしました。

期待はせずに店舗に見に行ったものの、実際の機体は使い込まれた貫禄も十分あり、それにスレや傷も悪くない見栄え。機能に影響しそうな変な凹みや痛みはなさそうでした。これまであまりブラッククロームをきちんと見たことないのですが、とてもかっこいい。なるほど人気もうなずける。そして清掃済みのファインダーも非常に綺麗な状態で自分がいままで使ってきたM4と遜色ない。そしてなにより、シャッターフィール。シャッター調整がなされているとのことでしたが、巻き上げのスムーズさ、シャッター音の「こなれた音」は現行のMP以上でした。するっと巻き上がってカチャ、といい、これが心地よい。そしてシャッターボタンを押下することで、チャッと静かでありながら小気味良い音。あれ?これは思ってたより状態いいなと・・。そこからしばらく考えて購入を決意しました。

すぐにテープを貼ってしまう
バックパネル、なかなかの貫禄。でも嫌な傷はない。
底蓋も結構きれいな状態

ちなみに今回、個人的にこのライカM4ブラッククロームで一番気に入っているのはシャッターフィールなのですが、恒例の?シャッター音を収録しましたので以下に掲載します。正直、ライカMPよりこなれてていいのよね・・。巻き上げがすごい軽いので人によって好みはあるかもですが、巻き上げ、シャッター音ともにかなり好き。

おそらくこれが最後のライカに・・・

今回のライカM4、ブラッククロームであるがゆえに家族にはバレておらず心配なさそうです。でも今後、フィルムを取り巻く環境がここまで悪化し、今後も再度環境が改善する見込みがないのであれば、フィルム写真をどこまで続けられるのか、かなり難しい選択をしていかなければなりません。そんな状況下で、更にフィルム機を買い増したり、または別のライカに置き換える、というのはなかなか現実味が薄い話だと思います。もちろんお金が続かないというのもあるけど、短期間しか楽しめないことがわかっている遊興にどこまで大枚はたけるのか。ただでさえ、以前から家族をだましだまし高い機材を買っては手放しを繰り返してきて、そろそろ潮時なんじゃないの、と自分の中でもいろいろ考えることはあります。もしかしたら、機材をとっかえひっかえするのはそろそろ辞めて、写真自体と向き合う時期なのかなと考えました。おそらく自分にとってこれが最後のフィルムライカになるのではないかと予感しています。

自分の写真と向き合う

そう考えた理由にはもう1つあって、最近暗室でのプリントを本格的にはじめたことによる影響です。これも印画紙や薬品が必要なプロセスなので、フィルム同様に先細りが予想される活動なのですが、以前から気になっており、やっと開始したという感じです。そもそも始めるのが遅いし、どこまで続けられるかわかりません。ただいろんな分不相応な機材を使ってきて、そろそろ自分にはこれで十分、というのが見えてきたところで、機材遊びではなく自分の撮影結果、目線などと向き合ってみたくなりました。自分で撮影したフィルムから印画紙に像を映し出す、そしてそれをうまくコントロールすること、このあたりのプロセスに注力して、撮影結果と向き合う、このあとの人生はそこが軸になるのではと考えました。

正直、ここにもかなり大枚はたいて機材を揃えたこともあり、もし急に印画紙や薬品の供給が止まると、暗室用品はなかなかリセールが難しいアイテムということもあって、結構しんどい状態にはなります(暗室関連は支払いは残ってないのでそこは安心な一方でそのまま飾りになる、という悲しさがあります)。

ただ、もともと一人で作業に没頭するのが好きなタイプでしたので、しばらくは印画紙へのプリントで、自分の作品と呼べるような写真との向き合い方をしていきたいなと考えています(個人的には自分の写真を作品と呼ぶのすごい抵抗ある、だって恥ずかしいじゃない?w)。
ちなみに引き伸ばし(プリント)に自分が使っているのはこれまたライカ、というかライツ時代のValoy IIという35mmフィルム向けの引き伸ばし機で、これまた造形が美しい機材です。非常に状態のよいものを入手したこともあり、かなり気に入って使っていますが、その他にもいろいろな暗室機材を入手しました。暗室機材については別途記事を書こうとして、実は何度か中断しているのですが、いつかここでまとめられたらと考えています。機材自体もそうですし、プリントのプロセスや必要な薬品など、いろいろご紹介したいことはあります。

で!ちょうど本日7/6(水)から都内某所で私が上記の暗室機材でプリントした写真を展示させていただいています。正直、はじめて展示なるものを行ったので、主催の方にはかなり質問などさせていただきお手数をかけましたが、なんとかここまでこぎつけました。関係者の方、ありがとうございました。なんだか緊張しますが、はじめてということで、粗はお許しいただきたい。

<エルマー35展>
2022/7/6水〜2022/7/17日
ギャラリー&カフェ、バー PAPER POOL 祐天寺
水木金18〜22時、土12〜22時、日12〜17時の営業

ご予約はSNSやメールにてお願いいたします。
paperpool.info@gmail.com 
また、当日の営業時間内のご予約はお電話にてお願いいたします。
03-3713-2378

以下に、展示とは関係なく、M4bcで撮影した作例を掲載します。

created by Rinker
¥679,250 (2022/08/16 04:40:20時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥97,280 (2022/08/16 04:40:20時点 楽天市場調べ-詳細)
Leica ライカ SUMMILUX 50mm F1.4 第2世代 Mマウント

Leica MP 0.72(ライカMP)ブラックペイント

Leica MP + Elmar 35mm f3.5/VALOOフード

どこからお話(言い訳)したらよいのかわからないのですが、

「Leica MP 0.72(ライカMP)ブラックペイント」を入手しました。

created by Rinker
¥679,250 (2022/08/16 04:40:20時点 楽天市場調べ-詳細)

最後のフィルム機、ついにここへたどり着きました・・・もう最後、これで最後です。これ以上はありませんので、フィルム機の入手はこれが最後でしょう、むしろそう思いたい・・w(機材が落ち着いたタイミングが意外と危ないという見方もできます)。

最後のフィルムライカ

数年前からフィルムの供給がそろそろ危ういのではないかと言われ続けて、この2022年現在、フィルムを取り巻く環境は明らかに悪化してきて、コロナ禍で更に加速してしまったという実感があります。また世界情勢もきな臭く、悠長にフィルムを作っている余裕はどこにもないという雰囲気。経済原理は理解しつつも非常に悲しい現実です。

しかしこのタイミングで最高級フィルム機を手にすることにどんな意味があるのか。単純にフィルム遊びがしだいだけなら他にも選択肢はあるし、どうしてもライカにこだわりたいとしても他に適度な選択肢はあったはずです。機種にこだわらなければ他にも色々あるじゃないか。それなのにどうしてこんなに大枚叩かなければならないのだろうか。その答えを私はまだ明確にできていません。人が合理性のみで成り立っているわけではないにしても、非常に非合理な判断だと思います。それはおそらくは人生をかけた贅沢な遊びなのだと思います。

これまでもさんざん散財してきましたが、今回はかなり悩みました。今さらこんなものを手に入れなくても十分にライカで撮影できていたし、ここまで高価なものは不要でした。正気な値段じゃない。しかし考えた末に、腹をくくりました。(まぁそこがなぜだ?って話なのでしょうが・・・)

このライカMP、実はドイツ本社でのOH品です。値段は元々、新品を超えた狂った値付け(MadなPricing)がされていましたが、流石に誰も手を付けず、セールとして値段が下がったところで入手しました。とはいえ、新品とほぼ同程度の値段、ただのアホです。シリアル的には若い番号なので、発売初期(2000年代初頭〜)に製造されたもののようでしたが、中身は部品交換を含むオーバーホール済みとなります。外観の貼り革も最新のシボ加工のものになっており、状態、見た目ともに限りなく新品に近い状態になっていました。

正直、新品在庫を選択してもよかったのですが、ひねくれているので、このOH品を選択しました。以前、ライカMPを物色中に別店舗でいくつか触らせてもらっていたのですが、備品なしでも50万近く、備品ありで状態のよいものが55万〜前後・・・もう中古でも新品に近い値段でしか出回らないのだなと理解しました。それならいっそ新品(もしくはOH品)いった方が早いと判断しました。

ライカMP 0.72の実機に触れて

さて、ここで一応の感想を述べておこうと思います。

実は以前、ライカM-Aを所持していたことがあります。これもまた最高によかった。シルバーでしたが、手触りもよく、巻き上げの感触もいい、完全機械式。たまらないものがありました。今回もそれと同等であるライカMPということで、モノとしての質感や感触は同じだと感じました。今回はブラックペイントなので、傷やスレはシルバーよりは気になるかもしれません。そこはペイントものの楽しみの一つですので躊躇せず使って行こうと思っています。私は開封して早速黒テープでシリアルと上部の「Leica」銘を黒塗りしました。

上部に黒テープ

この黒テープ処理、よくライカユーザーがやりますが、私の場合は家族への対策でした。カメラ上面に大きく「Leica」と書かれてしまっていると流石に疎い家族も気づきます。

それに直前までシルバーのM4を使っていたので、シルバー(白)から黒への転換をどう説明するか(気づかせないか)も課題でした。実は購入後、シルバーのマスキングテープで全体を覆ってカモフラージュしようとしたのですが、あまりに「あからさまな状態」になったのでやめましたw。仕方ないので正直に「白いやつから同じスペックの黒に変更したので・・・」という言い方で乗り切りました笑。ニュアンスとしては同スペックの同等品と交換した的な雰囲気を出し、白い方は売却するのでお金はトントンだよ、という空気を醸して乗り切りるという、勢いだけの作戦。現状、いろいろあってうまくごまかしてしまったというのが実情です。若い方たちにはこういう不誠実な人間にはならないでほしいと切に願います。

MPの操作感

ここからが本題。ライカMPをさわって最初に気づくのは巻き上げ動作の感触。直前までこなれたM4を使っていたこともあり、若干スムーズさや機械としての滑らかさはライカM4が割とよかったかな、と思いました。ここを正直に書く人、少ない気がしますw。ただ巻きあげレバーがカチッと止まるのはMP、M-Aの方が当然心地よいと思います。それにM4は巻き上げレバーにプラスチックがついているのでその影響もあるかもしれません。M-Aを使っていた頃も直前にM4を使っていたので、指で金属製レバーの先端に触れるときの硬さを感じましたが、これは慣れの問題だと思うので、デメリットとして指摘する点でもないとは思います。

巻き上げレバー

シャッター音について。ライカユーザーはすぐこういうこと言い出すので面倒だなとも思いますがw、私はそこまで気にしません。確かに途中でNikon機とか一眼レフを使ってシャッター音の大きさに閉口したこともあるのでライカに毒されているのかなとも思いますw。

さてMPのシャッター音ですが、今のところ少し硬い感じもします。これもM4の方がこなれていたかなぁ・・どうだろう。直前に使っていたライカM4は未調整個体でしたが、MPはOH済みとはいえ、しゃきっとした音がします。M4の方がこなれたパシャっ(シャカっ)という感じを含んだ音のように思いました。M3は店舗で触ったことある程度ですが、おそらくシャッターはM3〜M2あたりがマイルドな気がします。以前、未整備のM2を使っていましたが音がマイルドだと感じました。その後、M5もわりとマイルドな感じがしました。ミント・コンディションのM6もわりとよかったので、これは個体によるのかもしれない(M6と同時期にM-Aに触れたときは同程度の感触でした)。ある程度使い込むことで変わるような気もします。ただしこれも気になるレベルではなく個人のなんとなくの感想。このMPも機械の心地よい音、感触がします。巻き上げるときの感触はたまらないものがあります。

さてそこでライカシャッター音好きに贈りますが、以下に本機、ライカMP(ドイツOH品)と、以前使用していたOH済みライカM4のシャッター音を収録したものをアップいたしました。気になるあなたに捧げます。

こちらがライカMPのシャッター音
OH済みライカM4のシャッター音(以前使用)

全体の手触りについて。ブラックペイントは気を使いますが、やっぱりいいですね、この塗装表面の手触り。また本機は革の部分が以前のシャークスキンではなくシボ加工のものに張替え済みなので、この手触りもとてもよいです。多くの方が言うようにこちらの方が見た目、ホールド感もよいです。シャークスキンもモダンではありますが感触がサラッとしています。ペイント部は多少は気を使いつつも特に神経質になることなく使用しているため、少しずつスレはついてきたように思います。ただ通常使用であれば、よくオールドのブラックペイントにあるような真鍮の色がガビガビに見えてくるような剥げかたはしないかなと思います。巻き上げレバーの指が触れる部分は少し真鍮が見えてきつつあります。ブラックペイントはデジタルのM-P(Typ240)ぶりでしたが、やはりBPはかっこいいなと思いました。

貼り革

露出計の使い勝手。これはライカM6ユーザーはよくご存知なはず。機能としては同じです。最近はノーファインダーで撮ることも多く、事前に露出が見えた方が個人的にはいいのですが、しばらく外付け露出計も付けたものの面倒になってやめました。慣れれば事前に設定を調整した上でファインダー覗いて少し絞りをいじれば適正露出になるので使い勝手がよいです。よく言われるようにある程度レンジファインダーの使用経験は必要なのかもしれません。撮影前にその場の雰囲気からSSと絞りを適度にいじった上で、ファインダーで最終確認してシャッター、という流れなので、感覚的な設定に慣れておいたほうがよいと思います。この機体は露出計センサーも交換済みなので、経年を考えるとM6より安心感はあるかなと思いました。

裏蓋のISOダイヤル。こちらよく言われるようにプラ製ですが、触ってみるとそこまでヤワな感じはしません。設定を変えるとき回しますが、若干硬いかなと思いつつ、あまり簡単に回ってしまうと使い勝手わるいので現状で正解な気がします。

Leica MP 裏蓋/ISOダイヤル

あとファインダー。さすがに現行機種ということで見やすいです。整備済みなのでチリもないし、このあたりはM6以降の機種は文句ないと思います。M6の一部はハレーション起きたりしますが、それもないし、M5以前のオールドは状態によってはブライトフレームが薄かったり、スレがあったりしますので、そこはやはり現行はいいなと思いました。

フィルム巻き戻し機構について。これ、一番よく言われるポイントだと思いますが、M3、M2あたりの円形のノブ式になっています。確かにM4ユーザーだった自分にとって純粋に使い勝手でいうとM4、M6で採用されているクランクの方が巻き戻しは早そうです。ただ以前M2、M-Aを使用したときに「ありだな・・」と感じたのも事実です。よくあるようにM4巻き戻しだと巻いていて手を離すとぐるぐると戻ってしまうこともありますし、なんとなくあの小さい部品が取れたり、折れたりしてしまいそうで・・・それであればM2、M3、M-Aに採用されているこちらの方が堅牢な気がして個人的には好きかなと思います。そこは好みの問題ということで。

あと他に書いておくこと・・・。ボディは普通に使っているぶんにはそこまで傷つきやすくないなと思いました。先日旅行にも持っていき、ずっと下げてましたが、特に大きく傷がつくといったことはありませんでした(シンクロ接点の蓋をなくしましたが・・・今度買い直そう・・)。コンクリートの上に無造作に置くとかでなければ大丈夫かなと。

ちなみに本記事でライカMPについているレンズについて。このレンズはElmar 35mm F3.5 コーティングあり、になります。最近はほとんどつけっぱなしにしています。また先端についている黒いフードは、もともとElmar 50mm用の、しかも引き伸ばし機用のフード「VALOO」になります。こちら先端に絞り機構を備えていて、Elmar 50mmを使った引き伸ばし機でのプリント時に絞り操作がしやすいというものです。しかしElmar 35mmですと微妙にノブにあたって正確な設置位置ではないのですが、気にせず使用しています。35mm向けではないので良い子は真似しない方が無難です。あとケラレるかどうかとしては、ほぼケラレないという感じです。まれに周辺減光がちょっと怪しいときありますが、9割ケラレないと感じているので、そのまま気にせず常用しています。

created by Rinker
¥97,280 (2022/08/16 04:40:20時点 楽天市場調べ-詳細)
【あす楽】 【中古】 《美品》 Leica VALOO エルマー5cm用絞り調整機構付フード

さてまとめると、このような感じでライカMPを手に入れてしまったのですが、はやり使い勝手は最高によいなと思います。なかなか万人におすすめできるモノでもないですが、腹をくくりたい方向けかなぁw。それ以前にこのタイミングが非常に悪い。コロナや世界情勢でますますフィルム環境が悪化している点がとても気になります。国内のフィルムはもうそろそろ終わると思われますが、Kodakが頑張ってくれることを祈っています。モノクロはわりと種類もありますので、まだもう少し続くかなと想定していますが、値段はじわじわ上がっているので、厳しくなっていきますね。フィルムで残すこと、これが意味を持つのは随分先のように思いますが、私も微力ながら(とても微力・・)、このカメラで少しでも文化的な部分にコミットできていけたらと思っています。さて、次回の記事はモノクロプリントについて書こうかなと思っています。まさか自宅で暗室作業することになろうとは。

最後に以下に少ないですが、いくつか作例を。いずれもMP+Elmar 35mmにて撮影しました。最近はモノクロで撮ることが多いです。(もしかしたら、このレンズオンリーで撮影した展示に出展するやも・・・準備中です。)

created by Rinker
¥679,250 (2022/08/16 04:40:20時点 楽天市場調べ-詳細)
Leica ライカ SUMMILUX 50mm F1.4 第2世代 Mマウント