初心にかえる、現行Summicron 50mm

えー、7月頭に、現行Summicron 50mm f2(6bit)を手に入れました。

created by Rinker
¥323,950 (2021/09/19 15:25:14時点 楽天市場調べ-詳細)

金がないとか、いろいろ事情がとかいいつつ、びょうきなので、ついついよい出物があると思わずチェックしてしまったり、支払いシミュレーションをしてしまったりしています。ビョウキですね。

個人的にこの現行ズミクロン50mmの入手は2回目になります。今回は6bit付き、といっても現在、デジタルを持っていない自分には無用ですが、少しでも新しいものを、と考えるとbit付きを持っておきたいのが人情かなw。以前、私の過渡期、というかずっと過渡期なんですがw、現行のSummilux 50mm ASPHを手放した直後に50mmの穴埋めとしてbitなしを入手したこともありました。当時はM10を使っていたので、改めてやっぱ写りいいよなぁと思っていました。ただしその後の紆余曲折で手放し、今回2回めの入手となりました。最近はオールドばかり使っていたのでたまには現行のシャープな写りがほしくなりました。

予算もなかったので割と長いあいだ物色していたのですが、たまに状態がいいものが出てくるものの、以前よりは数万程度、相場が上がっているなという感じ。いくつかよいものもあったのですが、そこは我慢しているとさらにいいものが出てくるもので、元箱付きのほぼ新品に近いものがかなり相場より安くでてきたので即決しました。純正フィルターがついていたのはありがたかった。ほんとに傷もぜんぜんなくて、とてもいい状態。

7月中旬、伊豆下田に旅行にいきました。以前から予定していたのですが、梅雨の時期にかぶるため天候が心配でしたが、その日に梅雨明けが宣言され、最高の旅程となりました。この旅のためにこのレンズ入手したようなもの。旅先ではとても活躍してくれました。さすがに安定した写りで、下田についてすぐに見つけた猫ちゃんを撮りました。場所もよくてかなり良く写ってくれました。(他の作例には下田、伊豆、熱海あたりのものから、学芸大、横浜を散歩したときのものが含まれています)

下田の猫ちゃん

私とズミクロンの遍歴については過去記事(ズミクロン遍歴)をご覧いただくとして、久々の現行レンズ、やはり一本は持っておきたい。少しだけ過去(沈胴よりあとの流れ)を遡ると、初めて手に入れた黒銅鏡レンズはズミクロン3rdの50mm。これもかなり状態がよく、その後のズミクロンに対する印象を決定付けました。70年台からのレンズとはいえ、ニュージェネなレンズですし、現在の仕様とほぼ同じですしね。その後、ズミクロン35mmをメインとして7枚玉、現行ASPH35mm、その後に旧ASPHなど35mmをメインとして、一時期今回と同じ現行50mmのBitなしを使っていました。そう去年の春ごろですね(悲しい思い出を写した写真もあるのですが、とてもシャープな写りでした)。

その後、いろいろあってSummiluxやフォクトレンダーなどを経由して、そして今回、久々に現行50mmに戻ってきました。

ズミクロンって不思議で、一般にライカの標準レンズといえばコレ!という位置づけでありながら、一種の廉価版的な位置づけにもなってしまって、それは他に高価なレンズがたくさんあるからってのもあるんですが、かといって写りが平凡なわけではなく、それで完成している感じがする。なのでこれだけを持っているとこれでいいや、になるレンズだし、他にも色々もってしまっていると、他のレンズがメインになってしまう。かといって持っていないと寂しいし、という人間の欲望のバランスをくすぐるような位置づけのレンズだなと思います。

自分はここ最近の記事でも書いたようにいろいろ家庭の事情もあるので、あれもこれもは買えないため、久々に状態のよい現行レンズを手に入れたってだけでうれしいわけですが、使ってみると50mmはこれでいいんじゃないと改めて思いました。ただこれが他にやれSummiluxだ、ノクチだ、アポズミだ、となるとどうしてもそっちメインになってしまう。多くの華やかで高額なレンズがでている現状の中では少し地味な存在になってしまっていると感じます。だけど、性能、バランスは非常にいい。そこが少し不遇ですよね。

しかもASPH華やかなりし現代において、現行レンズで球面。しかも一応光学系が70年代に作られた第3世代から変わっていないという。その点も、現行といいつつちょっと古臭さを出してしまっている要因かもしれない。もちろんコーティングとか仕様をまったく変えてないなんてことはないと思いますが。それにお金持ちはどうしてもアポズミが気になっちゃうでしょ?

あと初代のズミクロンの評判がよすぎてってのもかわいそうかもしれません。いまからズミクロンを手に入れようって言うと、おそらく最初に惹かれるのは沈胴の方。最近、状態のよいものがすくないせいか、かなり高くなっていて、自分の感覚からすると3倍くらい値上がりしています。昔はそこそこのが5万前後だったんですけどね・・・。現行かうなら初代の沈胴ってイメージ。だけど、その間をとって第2世代とか、第3世代とかを探してみても、ほぼ現行に近いくらい値上がりしてしまって、正直それなら現行の方がいいじゃんになっている。ライカレンズが人気なのはわかるんですが、最近の値上がりはちょっとバブルだなぁと思います。古い玉はもう手に入らないという点ではプレミアになるのは理解しつつ、特にズミクロンの位置づけは汎用レンズだったわけだし、数もそれなりにあると考えると、現状の値段だとちょっとね・・・と感じる。とはいえ、いわゆる普通に写真を撮りたい、安心、安定して撮りたいという点では、比較的安価に手に入るレンズとしてはこの現行50mmは最高ではないでしょうか。

そして、このレンズ、個人的には長い付き合いにしようと思っていいましたが、いつもの悪い虫が動き出しました(笑)。多分これは◯なないと治らないんだろうな・・・。このレンズ、今はもう手元にはありません・・・。どうしてこうなったのか・・。次のレンズのご紹介が控えております。久々に大物なんですよね・・(笑)。

created by Rinker
¥162,800 (2021/09/19 15:25:14時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥418,000 (2021/09/19 21:15:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥254,100 (2021/09/19 15:25:15時点 楽天市場調べ-詳細)

ほんとうにそれは明確なスナップシューター、RICOH GR III

あれだけ散々家庭の事情がぁ、とかいっていた人間のすることではないですよ。ほんとに。

そういうわけでタイトルにもあるように「RICOH GR III」を購入しました。

created by Rinker
¥112,454 (2021/09/18 23:59:09時点 楽天市場調べ-詳細)

まぁこういうの書くとき、購入した理由は〜とか、スペックがどうのとか、しゃらくさいので書かない程度には天の邪鬼なのですがw、実はこのカメラ、以前から気にはなっていました。

そもそも一時期フィルムのGRの方を物色していたのですが、かなり古いものなので、状態がいいものが見つからず、それに森山大道さんの影響なのか価格も高騰しきっている時期に探していたため、当時は入手できずにいました。それから今は当時よりも値段上がってますもんね・・・ほんとにフィルムカメラブームなのかな?うちの周りにはいないんですけどw。でも都内のカメラ店をはしごしてるとほんとに若い男女がこぞってフィルムカメラみてるところに遭遇します。若い方に多いので、30代とか中途半端にフィルム知ってる世代よりは、まったくフィルムに触れてこなかったくらい若い世代のほうが興味もっているかもしれない。

話がそれました。フィルムのGRいいなと思いつつ入手できてなかったのですが、デジタルのGRもいいなと思っている頃、GR IIIが発売されて、かなり界隈で話題になっているのを横目でみておりました。なんとなく気になっていたのですが、当時は私もライカ全盛期でして、デジタル、フィルムのM型に、いまから思うとおそろしく贅沢なレンズを数本も所有し悦に入っていた頃で、気になりつつもスルーしていました。

ツイッターなどでもまわってくるので写真はよくみていましたが、割といいなと・・。心のどこかで所詮コンパクトカメラでしょと思っていたのですが、量販店サイトの作例だったり、界隈の有識者のレビューだったり、目にする作例がわりといい絵だなと思っていました。確かに小型なので、街撮りスナップではかなり重宝するだろう、というところは想像していましたが、入手してみた今となっては、なるほど!と思う。これは使い勝手、出力される絵、サイズ感などなど、どれをとっても隙がない非常にいいプロダクトだと痛感しています。

ツイッターなどでもGR IIIを入手した方が必ず口にするのは、写真撮るのが楽しくなった、ということ。

これ、本当なんですよね。自分でも驚きました。楽に、サッと、気負わず、撮れる。それも街なかであったり、店舗内であったり、楽に撮れる。これが一番大事なことなのだと改めて思いました。スナップシューターと呼ばれるカメラは数あれど、明確にここにフォーカスして洗練されたカメラはこいつが一番かもしれません。

ボケットに収まる、というのも確かに評判とおりで、私も珍しく会社に持参して、昼休みに会社の近所をスナップしながら散歩をしていました。普段、会社と駅の間しか行きませんが、ゆっくり周囲を歩くと新しい発見があったり、普段いかない場所がみれたりして、とても楽しい。そして撮れる絵もとてもすばらしい。ちょっとした街の陰影も見たままの印象で、それでいて高画質で撮影できる。とても評判がよかった理由に納得しました。

自分はライカのときもそうですが、DNGファイルのみで撮影し、あとからLightroomで現像しています。ちょっと前までM10-P、Q2のDNGファイルを現像していたわけですが、撮影データのコントラストとか雰囲気とか、ちょっとM10-PやQ2に似てるんじゃない、とすら思いました(上記のいくつかの作例で少し感じていただければ幸い)。なのでAPS-Cで撮影されたデータとはいえ、以前となんの違和感もなく現像して、撮れた写真も満足しています。もちろん専門的にみれば当然違いはあるし、自分でもフルサイズとAPS-Cデータとのなんとなくの差は感じますが、普段使いとして問題はまったくない。むしろ、とっさに訪れる「思い出になりそうな場面」は逃さず撮れるのではないか、と思います。

良し悪しは別として、街なかで人が行き交う場面などをサッと撮るにも最適だと思いました。小型かつ静音性も高いです。これまで少し躊躇していた場面でも撮ろうという気持ちにさせてくれる、そこがとてもいいと思います。もちろんモラルは守った上でですが(ちなみに私はカメラを2台も持って歩いても街なかでは躊躇して一枚も撮らないことがあるくらいです)。

というようなわけで、この1台が加わりました。この機材、直近で遠出する予定があるので入手したのですが、まだ行ったことのない街で、どんな写真が撮れるかいまから楽しみです。

ライカ M10-P ブラッククローム ボディ